TOP  >  WebDesign  >  ブラウザ上に花火を打ち上げるjavascript「Fireworks.js」
2008年06月12日

ブラウザ上に花火を打ち上げるjavascript「Fireworks.js」

今回紹介するjavascript「Fireworks.js」はブラウザ上に花火を打ち上げるというものです。使い道はアニバーサリーぐらいと、あまり思い浮かばなかったのですが、覚えておけば何かしらに使えそうです。

オーソドックスな花火から、少し変わった花火までパラメーターを操作することで、様々な花火を作り出すことができます。サンプルのデモは「Fireworks.js: A DHTML fireworks effect」のページの「Fire」と言うボタンを押せば花火を

詳しくは以下

花火のパラメーターは4つの項目でカスタマイズできるようになっていて、「Blast Redius(花火の大きさ)」「Particles(球体の数)」「Circles(輪の数)」「Brust Type(ベースカラー)」と設定できるようになっています。またパラメーターをランダムに指定するボタンもありますので色々と試せるかと思います。

ダウンロードは「Fireworks.js: A DHTML fireworks effect」のページの下部のFireworks v0.9.20050609というリンクから可能です。

Fireworks.js: A DHTML fireworks effect

posted 03:26  |  
Category: WebDesign   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designdevelopについて

デザインを開発するという視点からデザイン、WEBデザインに役立つ情報をお伝えします。

ご意見、ご感想、連絡事項があればFacebookページよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればFacebookページからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designdevelopの姉妹ブログ、毎日のインスピレーションに!をコンセプトに、グラフィックデザインからプロダクトデザインまでクリエイティブをテーマに取り上げていくブログ「DesignWorks」を運営中。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る