TOP  >  Design , Font  >  フォントの選び方シート「so you need a typeface」
2010年04月20日

フォントの選び方シート「so you need a typeface」

フォントでデザインや使い勝手、受ける印象は大きく変わります。それだけにデザインにおいてフォント選びは非常にシビアな部分であり、大きなところです。今日紹介するのはそんなフォント選びのヒントになる一枚のシート「so you need a typeface」を紹介したいと思います。

soyouneedatypeface
※クリックすると大きい画像を見ることができます。

中央からスタートし、まずは用途から決めるようになっています。用途はBOOK,INFO GRAPHIC,NEWSPAPER,LOGOなどなど様々な用途が考えられています。

詳しくは以下

用途が決まれば次はそれぞれの用途に応じての質問に答えていくと最終的に、フォント名に行き着くようになっています。海外のものなので、対応しているフォントは欧文フォントのみとなりますが、ベーシックなフォントがほとんどなので、日本の制作環境でもよく見るフォントがほとんどだと思います。

そのフォントが目的と本当に合致しているかの判断はデザイナーになりますが、フォント選びがどうも苦手な方、新米デザイナーの方は、勉強も含めて、ためしにこのシートで選んでみるのもの面白いかもしれません。

soyouneedatypeface.jpg (JPEG 画像, 1983×1402 px)

posted 11:44  |  
Category: Design , Font   
tag: Design Font

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designdevelopについて

デザインを開発するという視点からデザイン、WEBデザインに役立つ情報をお伝えします。

ご意見、ご感想、連絡事項があればFacebookページよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればFacebookページからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designdevelopの姉妹ブログ、毎日のインスピレーションに!をコンセプトに、グラフィックデザインからプロダクトデザインまでクリエイティブをテーマに取り上げていくブログ「DesignWorks」を運営中。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る